60代の紫外線対策としては、毎日のように色が濃い果物や野菜を食べることも有効…

サプリも積極的に活用することがおすすめ…

60代の女性

60代におすすめできる紫外線対策は、肌のトラブルを防止しながら、同時に老化に対抗できるのが特徴です。

年齢による衰えに対して、不足している栄養素を補給して、体が持っている本来の自然治癒力を高めることも目指していきます。

特別な極意を考えることをしなくても、日常的な食品などを利用するだけでも実践できます。


60代になると、近所のお友達と一緒にお茶会をすることがありますが、この場合には抹茶や煎茶を選ぶことがおすすめです。

お茶に含まれるカテキンには、強力な抗酸化力があるため、紫外線が強い時期に飲むことは理にかなっています。

緑茶には比較的に豊富なビタミンCも含まれることから、お茶を飲めばカテキンの抗酸化作用を補強して、紫外線による色素沈着を強力に抑制できます。

60代の紫外線対策では、カテキンが入っている化粧水を利用して、抗酸化を促進する方法もおすすめできます。


60代の紫外線対策としては、毎日のように色が濃い果物や野菜を食べることも有効です。

夏の紫外線が強烈な時期には、リコピンの色素で真っ赤に完熟したトマトを食べると、抗酸化作用は相乗的に働くようになります。

トマトには大量のビタミンCも含まれますので、肌の潤いを保つためにも役立つことになります。

毎日の習慣として、夏の朝にはトマトジュースを飲んで抗酸化成分を補給してみてはいかがでしょうか。

夏野菜の種類では、ナスやカボチャも紫外線対策に役立ちますから、味噌汁や天ぷらなどの料理で食べることがおすすめです。


加齢とともに食欲が減退して、若いときよりも食事量が減っている場合には、肌を潤すための栄養が不足してしまうことになります。

抗酸化成分は欠かせませんが、同時に潤い成分としてセラミドやコラーゲンも枯渇しては困ります。

そのため、60代の紫外線対策では、サプリも積極的に活用することがおすすめです。

セラミドは化粧水からも吸収すると、強烈な夏場でも生活がしやすくなります。

アスタキサンチンやアントシアニンなどの色素成分については、サプリからも補うようにすると、食事の負担が大幅に軽減していきます。


60代の紫外線対策では、ツボ押しやマッサージをして、内臓を含めて丈夫にする方法もおすすめできます。

内臓が弱った状態になっていると、紫外線に対抗するだけの抵抗力が失われてしまいます。

臓器に関連するツボの種類を選び、季節にも応じてマッサージをすると効果的です。

腸内の新陳代謝を高めて皮膚を丈夫にするためには、お腹の付近にある天枢というツボを温灸やマッサージで刺激することもおすすめです。

60代の肌にお勧めの紫外線対策

ほうれい線ケアの案内嬢2

60代の肌は、これまで浴びてきた紫外線によってシミやシワやたるみなど、様々な肌のダメージが見られる状態の人が多いのではないでしょうか。

紫外線対策は、遅すぎるということは決してないのでこれまで無頓着で何もしてこなかった人でも、今日からスタートすることでたるみやシミを防ぐことができます。


紫外線は、適度に浴びる分には骨を丈夫にするといったメリットもありますが、それはごく少量の話して、浴びすぎてしまうと肌に大きなダメージを及ぼすことがわかっています。

そのため、多くの女性は日焼け止めを塗ってそれを防ぎますが、現在60代の女性の場合は若いころに現在ほど情報がなかったですし、無防備に紫外線にさらしてしまったという人も多いのではないでしょうか。


60代の女性に必要な紫外線対策は、基本的には太陽の下に出るときには徹底的にUVカットを行っていきます。

でも、若いときと異なり、それほど海やプールに行くことが少なくなってくる人も多いので、毎回ウォータープルーフの高い数値のものを塗る必要はありません。


日焼け止めを選ぶときには、低い数値でもよいので伸び良く負担をかけないようなテクスチャや成分のものをおすすめします。

毎日使うものですので、使った感じのテクスチャや成分は重要です。

伸びが良いものを選ぶことで、肌との摩擦を防いで角質層をいたわるスキンケア発想のケアができます。


できれば、日焼け止めにもスキンケア成分やアンチエイジング成分が欲しいので、年齢を重ねた肌に最適な成分が配合されているものが良いでしょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどは、保湿成分として有名ですし、その時のコンディションに合わせたものをいくつか用意しておくと便利です。


60代の女性のスキンケアは、一般的には若いときに比べるとシンプルになりがちですが、紫外線対策こそ積極的に行う必要があります。

朝起きたら、低刺激のスキンケア感覚のUVクリームや乳液を塗ることで、一日紫外線の影響もなくなりますし、BBクリームなどならファンデーションの効果も得られます。


最近は、飲む日焼け止めも流行していますので、日差しの強いところに出るならそういう物を使うのも一つの方法です。

日光浴も適度なら骨の強化に役立ちますが、スキンケアの立場から考えると当たりすぎは良くありません。

防止やストールなどを上手に使って、できるだけ紫外線にさらさない工夫が必要です。

60代の紫外線対策のおすすめ

ほうれい線ケアの案内嬢3

60代の紫外線対策は、外からの刺激を防ぐだけでなくインナーケアも重要です。

特に、長年無防備に紫外線を浴び続けている場合、しっかりと栄養素を補給して太陽に負けないスキンケアをするようにしましょう。


具体的には、肌を作るたんぱく質や良質の油などは重要です。

又、それにプラスしてアミノ酸やビタミンやミネラルなども取ることで丈夫な肌にしていくことができます。

いくら外からスキンケアをしても、内側からのお手入れを怠ると、土壌が育たないためです。


毎日適度な運動をすることも、代謝をアップさせたり血行を促進するので栄養が全体にいきわたりやすくなります。

一見紫外線と何の関係もなさそうに感じる運動ですが、しっかりと予防をしながらウォーキングや軽いジョギングなどは、美肌のためにも効果が高いです。


たんぱく質や良質の油は、積極的にとることでターンオーバーを助けてくすみのない状態に導いてくれますし、足りない分は美容ドリンクやサプリメントなどに頼っても構いません。

60代になると、閉経している人がほとんどなのでホルモンバランスの影響は受けにくいですが、若いころに比べると間違いなく代謝が落ちています。


そのため、いったん浴びてしまった紫外線がターンオーバーによって影響がなくなる真での期間はとても長いですし、くすみやシミの原因にもなりかねません。

目から入る紫外線にも注意が必要なので、サングラスや帽子などは使うことがお勧めです。


60代だからもう若いころのようにお化粧はしない、と思っている人もいるかもしれません。

でも、逆に言うとケアをすればするほど結果が出やすいのがこのくらいの世代です。

なぜなら、全くしない人としている人が存在するため、その差が歴然となるためと考えられます。


毎日できることから始めることで、肌は確実にこたえてくれますし結果を出してくれます。

紫外線のことにあまり関心がない世代かもしれませんが、現代の60代はまだまだ若いです。

人生100年ともいわれる現代で、美しく年齢を重ねるためにはスキンケアにプラスして、インナーケアにも力を入れていきましょう。


60代になると50代のころより見た目が衰えてくるので、お手入れをするのが億劫になったりすることがあるかもしれません。

でも、紫外線は確実に悪影響を及ぼすので防いでいることによって、しっかりとした美容効果が得られます。

美白効果のある製品を使えば、一石二鳥です。


このページの先頭へ