60代はターンオーバーを活性化させることが大事

保湿を大きなキーワードとしてお手入れをする

60代の女性

60代は新陳代謝が低下するお年頃に突入をしますので、肌をよみがえらせるターンオーバーを活性化させることが大事です。

長い人生を歩んできた中で、60代は豊富な知識も蓄えた大人世代の、上品な女性になる年代です。

たくさんの学びをして知識位も豊富であり、全てにおいて熟練をした世代である反面で、スキン状態には悩みを抱えやすくもなります。

年齢とともに皮膚の新陳代謝は遅くなりますので、潤いあるスキン状態にするには、皮膚の新陳代謝を促進させて、皮膚のターンオーバーを正常化させるのがコツです。


皮膚の新陳代謝が低下をするのは年齢のせいにばかりできないものであり、スキンケアでの保湿が足りないサインでもあります。

表皮の下には角質層が数ミリという、とても薄いサイズで存在をしています。

その部分がいかに数便で満たされているかがポイントであり、美容成分も水分も少ない状態は元気にさせなければなりません。

美容保湿成分と水分量が足りないと、皮膚の新陳代謝が遅くなりすので、くすみがちで乾燥を下肌になりやすいです。


でもスキンケアが重要ポイントなのですから、保湿を大きなキーワードとしてお手入れをするといいということでもあります。

毎日の生活の忙しさにかまけて、スキンケアがおろそかになってはいないかチェックです。

化粧水を付ける前に浸透性を高めるよう、ブースターを利用してもいいでしょう。

洗顔後は毛穴汚れがないので、化粧水も通りやすいですが、ブースターという一手間を加えることで、もっと化粧水が浸透をしやすくなります。


化粧水をつける量は1回にたくさんではなく、数回に分けてたっぷりと付けるようにしましょう。

コットンを使うこともできますが、手のひらで肌に浸透をさせることで、肌に水分量が満タンかを自分で理解できます。

水分をたくさん入れることで、面白いくらいに皮膚のターンオーバーは回転がよくなり始めます。

もちろん化粧水という水分だけでは、そのまま水なので蒸発をしていきます。

水分の後には美容エッセンスを使うことを忘れないでして、そこからは油分の出番が待っています。


皮膚の代謝をよくすることで、皮膚は新しい細胞に生まれ変わることができます。

すると下から新しい皮膚がどんどんできるものですから、上にある古い皮膚は押し上げられていき、自然に垢となって剥がれて落ちていくことができます。

このサイクルを早くするためにも、スキンケアでの保湿が重要であり、ターンオーバーは促進されるのです。

新陳代謝を活発にするためにしたいこと

ほうれい線ケアの案内嬢2

肌の生まれ変わり、つまり新陳代謝を活発にしなければ美肌になるのは難しいです。

60代になればシワやシミが目立ってくるのは普通のことですが、スキンケアで大切なのは年齢未満を維持する工夫です。

肌をよみがえらせるためには、ターンオーバーが要になってきます。

一般的なターンオーバーのサイクルは28日間ですが、60代になると2倍以上に延びることもめずらしくありません。

28日サイクルに戻すのは難しくても、それに近づけていく対策が必要です。

それによりバリア機能が正常に発揮されますので、肌荒れの予防ができるのです。


60代という年齢層は睡眠の質が低下するケースが少なくありません。

夜中に目が覚めるようになることが多く、中途覚醒によって寝不足を招くことは多いです。

寝不足が肌に悪いことは有名で、さまざまなトラブルの引き金となります。

インナードライの状態に傾くことが多く、それがほうれい線やしわを濃くする原因にもなります。

寝不足を解消するにはGABAやテアニンなどの成分が役立ちますが、昼寝をするという方法もおすすめです。

昼食後は眠たくなるという人が多いので、少し仮眠をとっておきましょう。


仮眠にはストレスを解消したり、自律神経を整えたりする作用があります。

眠たいのを無理して活動するのは大変ですし、ストレスの原因にもなるはずです。

人は眠たいと感じたときに眠るのが理想的ですから、時間があるときは思い切って仮眠をしてください。

ターンオーバーを正常化させれば、本来の新陳代謝が復活します。

古い角質の排出がスムーズに行われますので、シミや黒ずみ対策にもなります。

閉経後の女性は女性ホルモンの分泌が減少しているので、閉経前よりもほうれい線やしみなどが発生しやすい状態です。


更年期後は冷え性に悩まされる人が増えてきます。

女性は冷えを感じやすい人が多く、筋肉が少ないので熱が生まれにくいことが関係しています。

男性以上に冷え対策が重要になりますので、特に足を冷やさないようにしてください。

室内を素足で歩いていると足が冷えますので、靴下とスリッパを履くのがおすすめです。

スリッパを履いていると足が汚れませんし、角に指をぶつけるリスクが軽減するなどのメリットが期待できます。

身体を冷やさなければ本来の新陳代謝が復活し、バリア機能の向上も期待できるでしょう。

免疫力が低下してくる年代だからこそ、バリア機能をいかに高めるかが大切です。

ストレスケアでターンオーバーを促進

ほうれい線ケアの案内嬢3

日常的にストレスを抱えている人は、しっかりとケアして解消させましょう。

女性は男性より我慢することに慣れており、ストレスをごまかしてしまうことが少なくありません。

相当なストレスを抱えている状態にもかかわらず、まだ大丈夫だと無理してしまうと、そのツケは後からやってきます。

60代は若いころよりも間違いなく新陳代謝が低下しますので、生活習慣がそのまま肌状態に表れやすいのです。

ストレスは心が感じ取るものですが、それにより心が不安定になれば自律神経が正常ではなくなり、さまざまなトラブルを発生させます。


60代が抱える悩みとして多いのは家事のこと、そして経済的なことです。

家事疲れによってストレスが溜まっている、お金に余裕がなくて老後のことを考えると不安、といった状態は好ましくありません。

ストレス解消のための方法は数多くありますが、原因にアプローチしなければ根本的には改善しないです。

ストレスの原因を紙に書き出してみて、改善できるものから対策をしていきましょう。


心身のバランスがよくなればターンオーバーがよみがえるので、内側から肌の弾力性を感じられるようになります。

化粧水を使用するときに手のひらを顔に当ててみると、どの程度保湿されているかわかるはずです。

こうして毎日チェックをしながら、肌状態の変化に敏感になっておきます。

乾燥・敏感肌は自律神経の乱れから生じることが多く、日常生活に不安や怒りを感じている人は要注意です。

負の感情は心のバランスを崩しますので、それにより肉体のダメージとなるのです。


正しいスキンケアは若いうちから実践するべきですが、何歳になってから始めても相応の効果は期待できます。

気づいた瞬間から対策をすれば、10年後の肌に差をつけられるのです。

スキンケアの仕方によって簡単に2~3歳は見た目年齢が変わります。

新陳代謝のよい状態にするためには、心の状態を健全にするのがポイントです。


自分に自信を持つこと、自分を好きになることがターンオーバーの促進につながります。

自分のことが好きな人は自然とポジティブ思考になりますので、心に負担を抱えにくくなります。

60代は胃腸の機能が低下してくるため、新陳代謝が衰えてくるのは当然ですが、胃腸の元気を維持できれば年齢未満の若さを手に入れることも可能でしょう。

新陳代謝が悪くなってきたら、胃腸に負担をかけない食生活を意識してください。

なるべく消化によい食材やメニューを選ぶことがポイントです。


このページの先頭へ