若い時期に使用していた化粧品では、肌質に合わない可能性が…

化粧品の見直しをしてみる…

60代の女性

加齢に伴い、肌の状態も徐々に衰えていきます。

若い頃に比べると60代ではシミやシワなどが増え肌のうるおいなども若い時期と比較すればかなりの違いがでてきます。

そのため、60代の肌質に合った肌ケアをすることが大切です。

そのためには、化粧品選びから始めるといいでしょう。


若い時期に使用していた化粧品では、肌質に合わない可能性があります。

刺激が強い、保湿などの成分が60代の肌に合っていない可能性などもでてくるため、化粧品の見直しをしてみるといいでしょう。


60代の肌で重要なポイントとしては肌の乾燥を防ぎ保湿を重視することです。

肌が乾燥しやすい年齢層であるため、肌にうるおいを与えること、保湿によってカバーすることで肌の状態をよりよく保つということが大切なポイントといえます。

その点からも、刺激の少ない化粧品を選ぶことや保湿に関しての成分が多く含まれる化粧品選びが大切です。

肌ケアをするなら、このように年齢や肌の状態によって最も肌になじみやすい化粧品選びをするというのも重要なポイントのため押さえておきましょう。

保湿成分的には、セラミドやヒアルロン酸、アルギニンなどの成分を重視しておき成分をチェックしてどの程度含まれているか把握しておく、購入時の参考にしましょう。


その他にも、価格的にもあまり高額な化粧品では、家計の負担が増えます。

定期的に購入し肌ケアのために用いるならある程度価格なども無理なく購入できる価格であるということが大切です。


いくつか押さえておくポイントもありますが、購入をする際には肌に対して負担のできるだけ少ないものを選ぶことも重要だといえます。

刺激が強いタイプでは肌荒れの原因になるため、自分の肌に対してなじみやすい化粧品を選ぶようにしましょう。


化粧品などを用いた肌ケア以外にも生活習慣や食生活の改善もしておくといいでしょう。

自身の肌の状態をよりよく保つためには、規則正しい生活や適度な運動、バランスの取れた食生活なども重要です。

60代ならば体力的にも低下してきている時期でもあり、体の健康面でも気をつける必要がでてきます。

肌にとっても体の健康を意識するということは大切なため、生活習慣や食生活に関して見直しをしておきましょう。


化粧品を選ぶことや肌ケアとして利用していくこと、生活習慣や食生活の改善をすることなどいろいろと肌にとっていい影響を与えるように対策を心がけていくことで年齢よりも若い肌年齢を維持していきましょう。

肌質に合わせた化粧品の選択を

ほうれい線ケアの案内嬢2

肌に最適な化粧品を選ぶためには、自分の肌の特徴を把握しておく必要があります。

そのために役立つのが肌チェックであり、これは定期的に行っておきましょう。

5年前のチェックでは正常肌だったので、現在もそうだと決め付けてしまう人は多いですが、肌状態は体調と同じように変化しています。

かつては正常肌を維持できていても、現在は乾燥肌やオイリー肌になっている可能性があるわけです。

これほどまでに多くの化粧品が存在する理由は、肌質に合わせて使い分けるように考えられているからです。

どんなに人気の商品であっても、合わないと肌荒れの原因になりかねません。


口コミ情報を確認するのも手ですが、口コミがすべてではありません。

肌質が変われば最適な商品は変わりますので、参考程度に見ておくのがいいでしょう。

自分の肌状態は自分で見極めするのが難しいですが、これは比較対象が存在しないためです。

美容師やエステティシャンならば毎日大勢の人たちの肌に触れているので、肌質の違いが明確にわかります。

一方で普通の人は自分の肌しか知りませんので、自分の肌が正常肌だと思っていても、実は違うというケースが少なくありません。

60代の肌ケアをするうえで化粧品は要になりますので、化粧品コーナーの美容部員さんに相談して決めるのもありです。


正常肌の状態はバリア機能が富んでいますので、年齢に合ったものを使用すれば問題はありません。

注意したいのは同じ正常肌であっても、20代と60代では肌質が違ってくることです。

当然ながら後者のほうが肌は弱くなっていますので、60代の年齢層をカバーできる商品を選ぶことが大切になります。

肌が正常肌から外れてしまう場合は、何らかの原因があると考えてください。

適切なケアができていない可能性があるので、肌に刺激を与えていないか、保湿が不足していないか、などをチェックしてください。


60代では脂性肌の人は少ないですが、肌の内側が乾燥していて外側はベタベタする状態になる人はいます。

インナードライと呼ばれる状態で、肌の奥深くまで水分が不足しているのです。

水分をしっかりと補っていくためには、インナードライによい化粧品を使用する必要があります。

乾燥肌や敏感肌は60代によく見られており、ターンオーバーが乱れてくることが大きな理由です。

ターンオーバーのサイクルが乱れることで、肌の新陳代謝が停滞してきます。

新しい肌の生まれ変わりが停滞するので、ゴワゴワした肌質になってくるのです。

パッチテストをしてから選ぶのもあり

ほうれい線ケアの案内嬢3

肌に合わないスキンケアは肌を弱らせてしまうので注意してください。

本来は正常肌なのに刺激が強い成分を補給することで、敏感肌に傾いてしまう人は少なくありません。

肌が敏感になっている状態というのは、バリア機能自体が低下しているのです。

刺激に対する耐性が低下しているため、ますます刺激を受けやすくなっています。

60代の適切な肌ケアのためには、パッチテストを受けてみるのも手でしょう。

化粧品を購入するときはサンプルをもらい、まずは使用してみるのです。

相性が悪いものだと1時間もせずに違和感が生じますので、合わないのだとすぐにわかるはずです。


翌日の朝まで待ってみれば相性の善し悪しがかなり明確に見えてきます。

メリットもデメリットも感じない商品に関しては、とりあえず使ってみても問題はありません。

肌に合ったものだと翌日の肌が違うと感じられることが多く、肌の弾力性やハリなどから判断できるでしょう。

60代はターンオーバーが遅くなるので、本格的に肌質を変えるには2ヶ月ほどかかることが多いですが、化粧品との相性に関しては翌朝にはわかることが少なくありません。

肌との相性は確かめるまでわかりませんが、浸透性に優れていると感じるものは合っていると考えられます。


肌ケアは継続することに意味がありますので、継続性のない方法はおすすめできません。

忙しいなかで肌ケアをするならば、オールインワンタイプを使用してみるのもよいです。

4役や5役というように複数の機能性を持っているのが特徴で、これひとつで肌ケアができるので非常に楽です。

楽をする方法は効果がないと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

最近のオールセラミック化粧品は非常に優れており、時短ケアができるのに肌がしっかりとうるおってくれます。


うるおい不足が肌トラブルの最大の原因であることは間違いないので、60代の肌ケアでは保湿をキーワードにしてください。

20代のころの肌に戻すのは不可能ですが、今よりは保湿力のある状態に変化させられる可能性は高いです。

肌に水分というベールで包むことによって、乾燥や紫外線のダメージを大きく軽減できます。

肌がカサカサしている状態は好ましくないので、室温・湿度調整もしっかりと行いましょう。

特に湿度が低くなっていると、保湿ケアを徹底しても効果が激減してしまいます。

室内には温度計に加えて湿度計も設置しておくのが好ましいです。


このページの先頭へ