自分の肌に合う化粧品を使い、保湿美容液や保湿クリームを塗る!

60代の女性

60代を過ぎると乾燥肌になり悩んでいると言う事をよく聞きますが、乾燥肌の対処法はどの様にすればいいのでしょうか?

60代にもなると、どうしても新陳代謝が悪くなる事で乾燥肌になってしまうのです。

ハリがあり、若さのあるお肌は多少の角質の乱れも数日でコラーゲンやヒアルロン酸などの力で回復できますが、60代という事もあり、どんどんと消耗されていくヒアルロン酸を維持するのは難しく、そのため体内から減少していくのです。

化粧品で乾燥肌に良いものや、保湿成分配合のものを使ってみるのも良いでしょう。


60代の乾燥肌は保湿化粧品と新陳代謝を上げる事で徐々に良くなります。

化粧品で乾燥肌対策する方法、まずはスキンケアや水分不足からの原因が考えられます。

乾燥肌を放っておくと冬の季節は余計にガサガサになってしまいます。

スキンケアは、ゴシゴシ洗わずに顔を泡で優しく包み込むように洗う事がかなり大事です。

化粧品は自分の肌に合うものを使い、保湿美容液や保湿クリームを塗る事が大切ですが、毎日化粧品を使っているのに効果がないのであれば、化粧品を変える必要があります。


60代でも頑張る事で年齢よりも若くなれるのです。

若々しくなる事で外に出ても楽しくなるので、お孫さんを連れて散歩するのも運動になり、新陳代謝を少しでもあげる事ができるのではないでしょうか。

60代の肌を若々しく保つためには、肌のターンオーバーを正常化させることが重要となります。

肌のターンオーバーが遅すぎると、肌のくすみやシミの原因になってしまい、早すぎても乾燥しやすい肌になってしまいます。

そのため、早すぎもせず遅すぎもしない、正常なサイクルに保つことが大切になるのです。


保湿を心掛けることも肌のターンオーバーを正常化するために大きな役割を果たしますが、新陳代謝を活発にすることもポイントとなります。


新陳代謝を活発にするには、化粧品で肌ケアをするだけでなく、ライフスタイルにも気を使うことが重要です。

日常生活の中で心掛けられることとしては、食生活があげられます。

大豆製品や海藻類、緑黄色野菜などは新陳代謝を活発にする食べ物とされているので、積極的に摂取するようにしましょう。

乾燥肌対策のための保湿化粧品と効果的な使い方

ほうれい線ケアの案内嬢2

60代の肌ケアは、どれだけ乾燥を防ぐかということがネックとなります。

そのためには、保湿化粧品を取り入れて効果的に使用することが大切です。


保湿基礎化粧品の選び方としては、質の高い保湿成分が配合されていることが基準となります。

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど保湿成分は色々ありますが、その中でも浸透力の高いものを選ぶのがよいでしょう。


保湿化粧品に配合されているコラーゲンには、水溶性コラーゲンとコラーゲンペプチドの2種類があります。

水溶性コラーゲンは粒子が大きいため浸透力はありませんが、肌表面を潤しバリアの役割を果たします。

コラーゲンペプチドは粒子が小さく肌の深層まで浸透するため、肌の内側から保湿できるのが特徴です。

そのため、60代からの保湿化粧品にはコラーゲンペプチドが配合されているものがおすすめです。


保湿化粧品に配合されているヒアルロン酸は、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムの3種類があります。

この3種類の中で浸透力が高いのは加水分解ヒアルロン酸とアセチルかヒアルロン酸ナトリウムとなるため、これらの成分が配合されている保湿化粧品を選ぶのが良いでしょう。


セラミドにおいては、ヒト型セラミドと天然セラミドの2種類がありますが、浸透力が高く本来の保湿成分としての役割を果たせるのはヒト型セラミドとなります。

そのため、ヒト型セラミドが配合されている保湿化粧品を選ぶのが良いでしょう。


保湿対策としての基礎化粧品は、ラインで使用する方がより高い効果が期待できます。

効果を高めるためには、化粧水や乳液、美容液などを肌につけるときには、手のひらで人肌に温めるとより浸透力が高まります。

また、化粧水をつけてそのまま放置しておくと、化粧水が蒸発する気化熱で肌が乾燥いてしまうため、すぐに乳液で蓋をして水分を中に閉じ込めるのが肌ケアのコツです。


さらに浸透力を高めたい場合は、蒸しタオルで顔を覆ったり、湯船にゆったり浸かったりして毛穴を開かせた後、化粧品を塗布するとよいでしょう。

コットンを使って塗る方法もありますが、どれだけ柔らかいコットンを使っても、肌に細かな傷をつけてしまうという報告もあります。

肌にダメージを与えないように、手のひらで塗るようにしましょう。

適切な化粧品を選び、効果的に使用して、60代の肌をみずみずしく保つよう心掛けることが大切です。

肌の新陳代謝をアップする方法

ほうれい線ケアの案内嬢3

60代の肌を若々しく保つためには、肌のターンオーバーを正常化させることが重要となります。

肌のターンオーバーが遅すぎると、肌のくすみやシミの原因になってしまい、早すぎても乾燥しやすい肌になってしまいます。

そのため、早すぎもせず遅すぎもしない、正常なサイクルに保つことが大切になるのです。


保湿を心掛けることも肌のターンオーバーを正常化するために大きな役割を果たしますが、新陳代謝を活発にすることもポイントとなります。


新陳代謝を活発にするには、化粧品で肌ケアをするだけでなく、ライフスタイルにも気を使うことが重要です。

日常生活の中で心掛けられることとしては、食生活があげられます。

大豆製品や海藻類、緑黄色野菜などは新陳代謝を活発にする食べ物とされているので、積極的に摂取するようにしましょう。


そして、十分に睡眠をとることも大切です。

特に午後10時から午前2時までは肌のゴールデンタイムと呼ばれており、成長ホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンによって肌の修復作業なども行われ、潤いのある美しい肌になるために必要な作業となります。

成長ホルモンは熟睡中にしか分泌されないという特性があるため、ゴールデンタイムにしっかり熟睡することが代謝の活性化につながるでしょう。


また、体を温めることも代謝を活発にするカギとなります。

特に、夏でも手足の先が冷たい人は代謝が低下している恐れがあります。

冷たい飲み物を避け温かい飲み物を積極的に摂取したり、生姜や香辛料を使った料理を取り入れたりするのもおすすめです。

ウォーキングやジョギングなど、適度な運動で体を温めるのもよいでしょう。


その他には、体に老廃物を貯めないことも大切です。

老廃物が蓄積すると正常に代謝が行われなくなり、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

老廃物を排出する方法としては、マッサージをしたり、水を飲んでデトックスしたりなどがあげられます。


どれも簡単にできることばかりなので、毎日の生活に取り入れてみると良いでしょう。

全てを一度に取り入れることができなくても、2つ、3つと増やしていけば代謝を上げることができるはずです。


60代の肌ケアは、保湿化粧品で肌の外側からケアするだけでなく、食事や運動などで肌内部から活性化することも重要となります。

毎日コツコツと積み重ねていくことで、若々しい肌を保つと共に10年後の肌にも違いを出すことができるでしょう。


このページの先頭へ